2017年10月21日(土曜日)開催 / 第1309回例会 「南区昭和もりもり食堂」第2回開催

さぁ、今回は第2回のもりもり食堂です。幹事の矢部Lが検査入院のため、担当メンバーは少しテンション低めですが、それでも田村Lの盛り上がりでカバーするところが白根Lの良いところ。何かが足りなければ誰かが足す。リカバリー、なんて言葉を頭に浮かべながらの当日です。

選挙前日での例会。写真だけ見ると「えー、今回の結果は厳粛に受け止めます。責任はすべて自分にあります」なんて感じかな。

子どもたちが集まりました。先回より良い出だしでびっくりです。小林Lのファンクラブも当然やってきました。人生ゲームで男女の交流を図ります。そこには年齢差はありません。「お金なかったら借金しなさい」そんなシビアな言葉が行き交います。

今回は北海道様似町から差し入れのタコの炊き込み御飯とツブ貝の炊き込み御飯の2種類(もちろん、どちらも食べても良いんです)、割烹仕立ての具沢山の豚汁。いいねぇ、子供達にも大好評。やってよかったと感じる一瞬です。

100円で食べ放題。

豚汁付き。器を持って来ればさらに50円引きです。さらにこれに冷奴を一品プラスしました。お豆腐はPR・情報・IT委員の相馬Lからの差し入れです。美味しくてあっという間になくなりました。それと笹川Lからの差し入れのゆで卵も大好評。たべますねぇ、みんな。

 

お腹いっぱい食べた後は、読み聞かせのボランティアのみなさんから絵本を読んでいただきました。子どもも大人も熱心に聴き入ります。

決してこどもたちだけのためではない、自分自身の成長につながる事業なんだと感じました。今回の参加者は子ども26人 大人35人 LC13人 合計 74人でした。少しづつですが地域に浸透し喜ばれていることを体感できました。次は1月です。さて、みんなで餅をつきますか!

今回の田村Lのイメージ図。そう、やっぱりイメージが全てなんですよね。この後、会長を始めとする何人かで反省会兼打ち上げをして解散しました。「米一合の詩」「犬の乳首」の2編を作詞しました。後日披露しますね。お楽しみに。