やすらぎの森公園でウマノスズクサ植栽プロジェクト実施中

味方の七穂地区にある「やすらぎの森公園」内で白根ライオンズはウマノスズクサを植栽しています。これは希少種になりつつあるジャコウアゲハの育成を目的にした活動です。ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサの葉を餌にして育ちます。ただ、単独で育てますと、鳥の標的になりやすいため、キク科のフジバカマを同時に植栽し、渡り蝶であるアサギマダラを誘引して両者の共生を目指すことで生存確率の上昇を狙っています。皆様、お近くに来た節にはぜひこの公園によっていただき、成長具合を確かめてみてください。ひょっとしたらジャコウアゲハにお目にかかることがある、かもしれません。美しい黒い蝶です。看板を探してみてください。